Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

酒田罫線法について4 酒田新値の驚きの確率

酒田罫線法について実際の経験を踏まえながらアレコレ書いてます。
今回は第4回目。
酒田罫線法の真髄(?)である酒田新値の数え方についてです。

酒田罫線法の基本は「酒田新値」という陰陽線の数え方です。
その背景は過去の小豆相場と株式相場延べ合計約270年分における、
「上げ相場の押し目」と「下げ相場の戻り」
の合計約5800回(!)についての統計を取り、
押し目や戻りはいったいいつ終わったのかという実際の記録を元にしています。

この5800回の調整局面という数だけでも膨大な統計量ですが、
そこから導き出された結果がなんともまた驚くべき事実になっています。

今、上げ相場だと仮定します。
そして、グラフは日足のローソク足をイメージです。
今、相場は底を打って上昇をしています。
この時、途中で必ず押し(調整)があります。
上げ相場なのでトレンドは陽線、押しは陰線です。
陽線で高値をつけた後の陰線を「陰線新(安)値1本目」(×1)とします。
×1の翌日以降、途中で陽線をはさんだりするかもしれませんが、
次に陰線で新安値をつけた場合は「陰線新値2本目」(×2)とします。
同様にそれ以降、新安値が出れば、×3、×4・・・と数えていきます。
(途中で陽線の新高値が出た場合は×の数はリセットして、
また1から数えなおします。)

下げ相場を考える場合は逆に考えて、
トレンドである陰線に対して陽線新高値を○1、○2として
戻り高値の数を数えていきます。

このようにして数えた場合、株も小豆も全部平均すると、
上げ途中の押しが
1本で終わる確率・・・17.5%
2本で終わる確率・・・27.2%
3本で終わる確率・・・36.1%
なので、押しが3本目までで終わる確率は80.8%

下げ途中の戻りが
1本で終わる確率・・・15.0%
2本で終わる確率・・・28.0%
3本で終わる確率・・・40.4%
なので、戻りが3本目までで終わる確率は83.4%
となっています。

以上が酒田新値の統計上の実績値となります。
あらゆる確率が50%を超える事がないと言われる相場の世界で、
この80%を超える酒田新値の確率は驚きですよねー。

長くなったので続きはまた!
スポンサーサイト
21
2007
comment
-

酒田罫線法についてその3 ちやほやされるテクニカル指標は本当に使えるのか

前回から間が開いてしまいましたが、酒田罫線法についての続きです。
(ブログの右側にカテゴリを作ってますので、過去記事はそちらから・・・)

酒田新値の具体的な内容に入る前に、
まず、相場の世界でよく出てくるテクニカル指標
について思っていることを書いてみます。

最近はテクニカル指標としてMACDだったり、
フィボナッチ係数によって相場の転換点を計ったりするのがブームなようですね。
また昔からよくいわれる指標として移動平均線もありますよね。

私はこれらを真っ向から否定するわけではありません。
「この指標がこうなったらこういう建玉をする」
という明確な方針を決めてその通りに取り組めば
それで1つの売買体系(ルール)ができるわけで、
加えてそれで勝ち続けられれば相場師として大成功なんだと思います。

ですが、ですが・・・
例えば移動平均線だと、25日線とかよく言われますが
なんで25日なの?25日の根拠はどこからきてるの?
という点が疑問として残ります。

また○○日線がどのような状態になればその後は、
どういう確率で
どういう動きをするから
どういう建玉をしよう!

という取り組み方法を明確に述べてあるのを私は見たことがないです。
フィボナッチにしても、転換点がわかるのならじゃあそこに向けて
どのような玉操作を行うのか?
という事は抜けているように思います。

一方、酒田罫線法も一種のテクニカル指標のようなものではありますが、
建玉の手法が確立しているというのがとても大きな特徴です。
こういう時になったらどう動けばよいというのが明確ですので、
相場に取り組んだばかりで・・・
または、なかなかうまく行かないや・・・
という方にとって、「相場の流れ(うねり)に乗る」
為の役に立つのではないかなーと思う次第です。

次回は酒田罫線法で大切な、酒田新値の数え方について
書いてみたいと思います。
20
2007
comment
-

酒田罫線法についてその2

江戸時代からの歴史があるといわれる罫線理論
酒田罫線法」の概要を紹介しています。
今回は2回目です。

まず、「酒田新値」及び、「酒田罫線法」ってなんだ?
って方が世の中のほとんどの方だと思います。
また、相場に取り組んでいる人でも知っている人は
そんなに多くはないのかもーと思います。
ですので、概要から少しずつお話しします。

酒田罫線法とは江戸時代の大坂・堂島の米相場において
莫大な富を築いたと言われる
山形県の酒田出身の相場師、本間宗久が考案した
・日足を使って
・相場の強弱を判断し
・売買の規範を示した
罫線法と言われています。

実際は本間宗久が考案したというのが疑わしく、どうも違うのではないか?
ということらしいのですが、まあだれが考案したかはどうでも良くて
大事なのは酒田罫線法の中身と使い方
なのですからその辺の詳細は省きます。

まず、酒田罫線法がなんで優れているかというと、
実際の玉の操作方法と罫線理論が密接になっているからです。
どういう時に、
どういうやり方で、
どういう玉を建てるか
ということが系統立てて述べられています。

この一連の「実際の相場に取り組む時のやり方」
が述べられているところが移動平均線やMACD、
はたまたフィボナッチ係数のようなものとは本質的に違います。
これらは(当たるかどうかは別として)指標としてはとにかく有名(?)ですよね。
ですが、これらの指標が
どういう状況になったときに
どういう建玉操作を行って、
どうやって手仕舞いすればよいのか?
という事について述べてあるのを、私は見た事がありません。
(世の中にはあるのかもしれませんが・・・)

酒田罫線法にはこれら一連の事が明示してあります。
07
2007
comment
-

酒田罫線法について その1 

うねり取りのやり方の番外編としての
酒田罫線法の使い方についてです。
どれほど需要があるのかはわかりませんが、
相場をやる上で「酒田罫線法」を知っていて
損と言うことはないでしょうから大まかではありますが書いてみます。

注)私は現在は酒田新値を使っての売買はやっていません。
(グラフを折れ線グラフ式に変更したためです)
また酒田新値を使えば利益を保証するというものでもありません。
投資は自己責任でお願いします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

うねり取りまたはリズム取りを行うぞ!
と決意し、場帳も書いた!グラフも書いた!いざ出陣だ!
でも入るタイミングがちっともわからないよ。とほほ・・・
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際、私も相場を始めた頃、
練習売買をしたいのだけど、
どういうときに買えばいいのかがさっぱり分かりませんでした。
たとえば、
まだ下げるんじゃないか・・・と思って買うのを躊躇したり、
見送ったら上昇してしまって入るタイミングがなくなって、
見ているだけで終わった。
などなど・・・

そんな方には酒田罫線法を使ってタイミングを計るのも
1つの手だと私は考えます。
何より酒田新値を使って玉操作の練習をやっていくと、
次第に相場に対する「慣れ」ができてきます。
その慣れを作ってから、「自分なりのやり方」
に進むのも良いんじゃないかなーと私は思います。


ある条件下においては90%近い的中率を誇る酒田罫線法とは言え
当然ながら、楽して絶対にうまく行く魔法の法則ではありません。
アレコレと苦労しながら身につけて、自分で実行しなければダメです。
ですが、真面目にやればそれなりに結果が出てきます。
そんな酒田罫線法について少しだけとっかかりを紹介していきたいと思います。

※酒田罫線法を行うのならこの本が教科書として必要です。

はっきり言って決して安い本じゃないです。
それに一回読んだぐらいじゃ理解しにくいと思います。
でも何度も読んで努力して習得すれば、
きっと大きなものが得られると思います。
04
2007
comment
-

INFOBAR 2 登場 (・o・)ノ


相場はオヤスミなので暇ネタを。
26日にKDDIより発表されましたが、
首をなが~くして待ちに待っていた
INFOBAR2がいよいよ登場です!!!
なんとまぁスバラシイ・・・
待っててよかったよ・・・(*´Д`)

しかし困ったことに、
シルバー以外は3色とも欲しいです・・・
コンセプトモデルにはあった水色モデルがあれば
それで即決まりだったのですが。。。
しかし、無いものはしょうがないので、
発売予定の11月下旬まで迷いに迷いたいと思います♪

それにしても携帯電話に限らず
日本の工業製品は性能はすばらしくてもデザインは・・・(´・ω・`)
ってのが多いですよねー。
私は個性的なデザインが大好きなので、
携帯にしろ車にしろ日本製品は
もっとデザインに力を入れて欲しいなぁと思います。


ブログランキングに参加していますm(_ _)m
Pop*Log人気fxブログランキング FC2blogランキングミニ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ
29
2007
comment
-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。