Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

豪ドルもう天井?

豪ドル強いのか?!と思ったら金曜は結局マイナスで終わったようで・・・

うーん、強そうな気がするんですけど、なんかイヤな終わり方ですよね。
月曜も下げるのか、はたまた金曜ので調整がすんで、
ここから更に上に行くのか。

月曜日はホント要注意ダと思いますm(_ _)m

一応自分の売買ルールとして、
月曜の仕掛けはしない
ことにしているので私は見送りしておきます。
まー気が変わるかもしれませんけど(-_-)

ところでトウモロコシの一代棒やっと書き終わりました。
1993年から2009年まで眺めてみると
2008年ってのは大価格革命だったんだなぁって思い知らされます。

商品相場の価格革命は10年に一度とか林輝太郎さんの本
商品先物の技術
商品相場の技術―相場師の技法と練習法商品相場の技術―相場師の技法と練習法
(1984/01)
林 輝太郎

商品詳細を見る

にも書いてありますが、
(この本は商品先物ををやるなら絶対に読んだ方が良いです。相場系の本でこんなスゴイ本はないですよ。ホント・・・)
こんな大相場をサヤすべり取りで取るのは厳しいですね・・・
まあ一代棒の動きを見て注意すれば危険は回避できるのかもしれませんが・・・

ただ、これだけの大相場が終わった直後である
現在というのは、しばらく底練りの時期なんじゃないでしょうか(・∀・)

商品先物は基本的に売りが圧倒的に有利ですけど、
トウモロコシやるなら短期の売りの方に更に分がありそうですね。
スポンサーサイト
18
2009
comment
-

豪ドルが82円をアッサリ超えた

豪ドルがあっさりと82円超えていきました。
もうちょっと膠着するかと思ったのですが・・・(^_^;)

まだ明日の朝にならないとどうなるかは分かりませんが、
このまま82円超えて終わったら短期的には上昇トレンドになるんじゃないでしょうか。

というわけで、以前立てたシナリオ3に従って、
ここからは流れに乗っていこうと思います。
たぶんそのうち下げもあるでしょうから、
そのときに80円切るか切らないかあたりをしっかり見て行きたいと思います。

で、豪ドルのトレードをとりあえずどうするか、
また大まかな計画立ててみました。

プラン1
80円を切ったら自動的に損切りするようにして黙って買う。


プラン2
次の下げの時、逆張りで買う。


プラン3
今のツナギを外して買い玉だけにする。そして様子を見てツナギ直し。


あくまで経験則でしかないですけど、
上値の抵抗線を超えたら、今度はそこが下値の抵抗線になるケースは多いです。
なので80円~82円近辺が下値抵抗線になる可能性が高いのではとシナリオを考えてます。

プラン2が一番安全なのでやりたいのはやまやまなんですけど、
ゆっくりしてるとあんまり下げずに上がるパターンも多いのでどうしたもんかと思います・・・

プラン3でツナギを1回外して、また売り直すのも良いとは思うんですけど、
ちょっとやりにくいですね・・・

とりあえず今夜一晩考えます(-_-)
15
2009
comment
-

トウモロコシの一代棒書いてます

今日は豪ドルとは関係ない商品先物のお話です。

昨日から東京トウモロコシの一代棒を書いてます。
↓東京トウモロコシの一代棒のグラフ
トウモロコシ一代棒

とりあえずデータが1993年1月限から取れたので
それをExcel使って
月限ごとに一代の
始値
高値
安値
終値
を出します。この4本値が一代の値動きで外側の白い箱がかけます。

で、次に一代棒のキモである
先物時代の
高値
安値
をこれまたExcelを使って計算というか抽出して黒い箱を描いていきます。
※先物時代の始値は一代の始値と同じですし、先物時代の終値は一代棒では必要ないので計算しなくても良いです。

こうやって一代棒を描いていくのがサヤすべり取りではとても大切です。
自分なりの解釈ですが、先物時代の黒線の動きから一種のリズムのようなものが見えてきます。
で、白線はそのときそのときの相場のエネルギーって感じですかね。
なんか抽象的ですが・・・
あとは黒線の長さ、一代の終値の位置と黒線との場所関係とかも大切ですね。

とりあえずまだ1995年までしかかけてないので、
少しずつ書いていこうと思います。

・・・ちなみにトウモロコシを実際に売買するかは決めてません。
一代棒見てからサヤすべり取りできるかを判断ですね。

ホントはアラビカコーヒーが良いと思うんですけど、
板寄せ方式→ザラ場方式になった時点で出来高が激減したりしておかしくなってしまったので
今もサヤすべり取りできるのかはよく分かりません。

東京穀物取引所にはもっと色々と頑張って欲しいなぁと思います。
11
2009
comment
-

豪ドル値動きここ数ヶ月で一番の注目

豪ドルは今はボックス相場で・・・
と書いたそばから、とうとう80円超えてきましたね(・∀・)

正直、豪ドルは今がここ数ヶ月で一番の注目の場面だと思います(-_-)
短期的に見たらここ3回ぐらいの上値だった80円を超えたので、
ここから上に行きそうなんですけど、
8月の82円ぐらい?の山があるのでそこの金額でどうなるかに大注目です。

82円もアッサリ超えるようだとまだ上に行く可能性がありますよね。
逆に82円でアッサリはじき返されると
ああ82円が当面の上値なのか・・・(´・ω・`)
で次のチャレンジまでまた時間がかかったり往来相場になる可能性が高そうです。

まー可能性なんて予測してもだれも当たりませんけど(^_^;)
とにかく集中して注目しておきます。

あ、上げ相場か下げ相場か簡単に分かる方法はありますよね。
当たり前と言えば当たり前なんですけど・・・

陽線の数>陰線の数

なら、その時点のトレンドは上げ相場です(キッパリ)

はて?今は陽線と陰線どっちが多いんかね~?
と日足や折れ線グラフをを見てみると
流れに乗るヒントが見つかるかもしれません(・∀・)

それではまたm(_ _)m
09
2009
comment
-

豪ドルの最近の動きについて

豪ドル現在の建玉
2万豪ドル買い(78.15)
1万豪ドル売り(78.20)

久々の更新ですが、元気に生きてます。
あ、ぎっくり腰にはなりましたケド・・・(´・ω・`)

豪ドルはツナギの売りを一万豪ドル建てたままでほったらかしにしてます。
ほったらかしなんだけど、場帳とグラフはもちろん毎日書いてます。

毎日場帳、グラフ書いてる人には当然と言えば当然ですけど、
豪ドルはここしばらくはボックス相場になってますよね。

うまい人だと80円と76円くらいの間で短期的にリズム取りとかで
売買すれば往復で取れるんでしょうけど
それは私の売買スタイルじゃないので私はやりません。
というかそんな高度な腕はないのでできません(^_^;)

今は自分としては売買はできないけど、
次のような3つのシナリオを描いてずっと待ってます。

シナリオ1
80円を超える→更に82円を超える

こうなったら豪ドルは更に上昇する可能性が高いので流れについていきます。
ただ、82円超えてもダマシはあると思いますが。

シナリオ2
76円を割って下がる

この場合は正直どこまで下がるか底がわからないので、ツナギで2-2にしてフタをします。
そして下げ止まったような気がしたらどこかで2-3にします。

シナリオ3
12月1日に目をつむって1万豪ドルを買い増しする
これは前の売買からかなり時間も経ったので1枚増やして
1-3のポジションにして金利をもらおうという考えです。
長期保有を考えたパターンですね。

自分にとってはシナリオ2が一番難しいと思います。
私の弱点は素早い決断なので
下げているときに本当に躊躇無く2-2にできるかはかなり疑わしいです(笑)
下げてても人間って少なからず、
もうちょっとしたら戻るかもー
とか思ってしまいますしね(^_^;)

でもなるべくできるように心の準備だけはしておこうとおもいます。
07
2009
comment
-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。