スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

クロス円通貨どうしでサヤ取りは理論的にありえないのか

豪ドルの最近はの動きは
高値でひたすら粘るという、
個人的にはあんまり見たことない動きなので
どうなるのかさっぱりワカラン・・・(´・ω・`)ショボーン
て感じでしたが、
もしかしたら近々バーゲンがあるかもですね・・・
ちょっと心の準備をしたいと思います。

といっても、
いつものように場帳書いてグラフ書くだけなんですけども。

ところで連休中にちょっとマネー系の
不動産投資
オフショア投資
金の現物を海外に保管する方法
などを勉強してました。

で時間あったので為替についてもちょっとあれこれ考えてました。
そのなかでも前々から気になってた、
クロス円の通貨同士では為替のサヤ取りは理論的に存在しない
と主張している方が多い件なのですが、
果たして本当にそうなんでしょうか・・・(´・ω・`)

私としては
例えばAUD/JPYとNZD/JPYの間にはサヤの開閉運動があると思うのですが、
サヤなどないと主張される方々は
AUD/NZDを売買しているのと同じだ
という事らしいんです・・・

うーん。
確かにおっしゃることは分かるんですけど、
なんというか、
いざ実践となったときに心理的な面でだいぶ違うと思うんです。
あくまで個人の感覚ですけど。

確かに
AUD/NZDのボックス売買
とみるか、
AUDとNZDのサヤ取り
とみるか、
見方の違いなだけなのかもしれません(とりあえず金利差については考慮しないとする)

自分なら実践するときに
AUD/NZDを片張りで仕掛けるのはちょっと自信ないですね(-_-)
まぁ腕のいい人なら心理的負担は無いのかもしれませんが・・・

実際どうなんでしょうね?
色々考えたけどあまり良く分かりませんでした。
そのうち実践して確かめてみようかな・・・(´・ω・`)
05
2010
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。