スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

霊柩車が通るときなぜ親指を隠すのか

たまにはフツーの日記です。
先日新しく角川SSC新書というのが創刊されて、
その中の
なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵 (角川SSC新書 9)
という本を買って読んでみました。
著者はベストセラーになった
「日本人のしきたり」の北山哲さんです。


いやー非常に面白いですよこれ!
日本に昔から伝わる迷信とか言い伝えについて
いろいろと背景や根拠について説明してあります。

表題のなぜ夜に爪を切ってはいけないのか・・・
についてはまぁ買って読んでいただくとして(笑)、
「霊柩車が通る時なぜ親指を隠すのか」
について紹介しますと、
親指を手の内側に握って「ぎゅっ」とするのは
体の中に気を充実させるポーズと考えられているから
なんだそうです。
で、悪い霊が体の中に入ってこないように
ガードするのだとか。
面白いですよねー。

その他にも、
  • 夜に口笛を吹くと蛇が出る

  • 三人で写真を撮ると真ん中の人が死ぬ

  • 茶柱が立つと幸先がいい

  • 食べてすぐ横になるとウシになる

  • などなど70以上の言い伝えについて書いてあります。
    ひとつの例の説明も短くてサクッと読めますよ。

    日本人の言い伝えと昔の人の知恵を知ることができる
    なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵 (角川SSC新書 9)
    秋の気軽な読書にオススメです。

    でも最近の子供ってこういう話をちゃんと親から聞くんでしょうか?
    どうなんでしょう・・・???
    私なら、
  • 食べ物をまたいではいけない

  • 夜に口笛を吹きなさんな

  • ごはん粒には観音様が宿っているから残したらダメ

  • とか言うと思います。
    私は世間的には「若者」だと思いますが、
    同年代の人に比べるとかなり古いタイプの人間です・・・
    27
    2007
    Relation Entry

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。