スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

豪ドルのうねりを見てみる 月足のうねり

新PCが無事に組みあがりました!
CPU発煙事件もありましたが今のところ快適に動作してます。
(あれはホントにビビッてたじろいだ)

感想は・・・
Core2Quadって素晴らしかね~の一言です!
正直ここまで快適になるとは思いませんでした。
もし冬のボウナスでPCが欲しいけどどうしようかなぁ・・・
と悩んでる方は是非買いましょう!
今なら自作の質問にもわかる範囲でならお答えします(笑)

今日は豪ドルのうねり(波形)の分析らしきものをしてみました。
たいしたものではないですが、
私デラックス☆かすてらは
今こういった事を考えてるということで・・・

まず豪ドルの月足です。
クリックで拡大します
AUD_JPY月足

通貨のうねりはちょっとわかりにくかったりしますが、
豪ドルの月足では縦にラインを引いた感じで、
概ね20月ちょっとでひとつの波が見えます。
2000年の後半に底打ちしてそこから上げが続いてます。
上げ相場なので各期間の波形は基本的に赤線で描いた
右肩あがりになってます。
また
右肩上がりでもうねりの末期にはそれなりの押しがある
などが見えると思います。

そして現在の状況です。
二つのシナリオがあります。

1.8月が底であり、うねりはそこで終わった。
 だから9月からすでに新しいうねりに入っている。

2.まだうねりは終わっていない。あと数ヶ月で完成する

1の場合だとうねりが17月で終わったことになって、
やや期間が短いのではないか?
ということが少し引っかかります。
2の場合だと先月11月ですでに20月が経過し、
いつものパターンだとあと数ヶ月でうねり完成となります。

これだけではどちらのシナリオだかはっきりしないじゃないかー
と言うところですが、私はどちらにせよ今はけっこう微妙な局面だと思ってます。
それは週足で観察してみるとまた違うところが見えてくるからです。

つづく
02
2007
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。