スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

2008年相場と新聞新年号のビミョーな関係

場帳書いてて思ったんですが、ここ数日豪ドルをはじめ、対円通貨はあがってますよね。
日本人の大半は円売りで玉を建ててるので
お正月のお餅代をゲットできた人も多いのかも?
利益が出た人はよかったですね~☆

とはいっても、今は外国人はほとんど売買してないし、
国内のディーラーもあまり出動はしてなくて出来高が少ないのだ
ということは頭に入れておいたほうがよさそうです。

で、新聞新年号の話ですが、
だいたい、新年号には「今年の相場展望」と題して
大手証券会社の重役やエコノミストの相場見通しが載ります。
これをぜひ切り取って来年の12月31日まで持っておくのをおススメします。
おそらく一年後読んだらちっとも当たってないでしょう。

一応誤解が無いように言っておくと、
外れたのを馬鹿にするんじゃなくて、
相場は予想はできないし、新聞記事やニュースは
なんも参考にならないんだと受け止めると良いと思います。

私は毎日の日経新聞を保存していて、
暇なときに過去の記事を批判精神を持ちながら読み直したりしますが、
まーまったく当たってない上に相場に起きている現象の説明にすらなってないです。
それと日経でドイヒーなのは「マーケット総合2」欄の「まちかど」って囲み記事ですね~。
こんなのわざわざ記事にしなくていいだろうにと思うのですが・・・

新聞をとっている人は批判精神を持って記事を読んでみると、
ニュースを気にして売買しても意味が無いって事がよくわかります。

あ、でも日経は好きですよ。
最近は連載小説の「望郷の道」を読むのが毎日とっても楽しみです。
単行本になったら絶対買います。
28
2007
Relation Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。